akashi-risshouji's diary

明石 ・立正寺 お寺のブログ

続・ポケモンGO

夕方6時半ごろ、播磨町のお檀家さん宅にお経参りに行こうとしたら、山門でとうせんぼ!!

バイクにまたがって停まったおっちゃんや、寺の壁に張り付くように立ってるおばちゃんなど6,7人。。

みんな各々無言でケータイを触って、お寺の前でたむろしてる。。

以前にも、夜にいたポケモンGOのゲームをしている方々ですわ。。。

なんとも形容しがたい光景(^◇^;)

一応、私も見かねて、車の窓越しに『通してもらっていいですか?』と言う始末。。

ゲームをしないから余計にわからないのですが、どないかなりませんかねぇ?

 

す、すみません。今回は愚痴のブログになってしまいました🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180522205134j:image

ほんとに、私はゲームをしないので、理解がもひとつできないのです…

 

夏休み恒例の!!

2週間ほど、ブログを更新できていませんでした。。

申し訳ありません(^_^;)

 

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180518182600j:image

さて、毎年夏休みに開催されます『蓮の実道場』のご案内です!

小学3年生〜中学3年生であれば、どなたでも参加できます!

詳細は以下の写真の通りです。

もしよろしければ、ご検討ください。

住職もスタッフとして参加します!

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180518183013j:image

こどもの日

本日は端午の節句、こどもの日ですね。

鯉のぼり🎏をあげて、兜を飾ってチマキを食べてお祝いしますよね!

お寺でも、、、子供さんへお祝いの意味を込めてと言うと少し語弊があるかもしれませんが、水子地蔵さんにお供えをして、お経をあげさせていただきました。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180505194939j:image

この世に生きている子供さんだけが、お祝いされるのは不公平な感じがしません??

何か不思議と子供を持つようになって、よりいっそう思うようになりました。。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180505195636j:image

私の家内も『いつも水子さんとお地蔵さんの前でお花替えする時、場所を使わせてもらっているから!』とお菓子や飲み物をたくさんお供えしてくれました!!

 

水子さんは、親に抱かれることなく、お乳も与えられること無く、向こうの世界へ旅立って行かれます。

せめて、私たちから愛情・温もり・優しさだけでも、手を合わせて届けたいと思います。

お寺の大きい行事ではありませんが、これからもこの日は全ての子供さんにお釈迦様のお慈悲を届けられたらと思います(^^)

縁日!!

本日5月3日は、うちのお寺の御守護神『大福大明神』の御縁日の日でした。

この大福大明神の由来なのですが、かつて私(住職)の曽祖母である村川妙宣上人が、大阪市生野区で明浄院という小さなお寺をしていた時に、御守護神としてお祀りしていたのがはじまりなんやそうです。

毎年5月3日には、檀信徒の方が集まって大祭をしていたんやそうです。

その後、私の師父が明石に移されてからは大祭は開催されず。。

昨秋、茨木の明浄院からのお檀家さんのおじいちゃんから、5月3日に大祭をしていたことを初めて聞きました。

お寺では、ずっとご守護いただいていたのに、申し訳ない気持ちでいっぱいになり。。

まずは、私一人からでもこのご縁日にお経をあげさせていただきたいと思い、本日に至りました。。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180503205352j:image

茨木のお檀家さんのおじいちゃん曰く『大福さんは、とにかくお酒が大好物なんや』と聞きましたので、地元の美味しいお酒をお供えさせていただきました!

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180503205523j:image

法務の終わった午後3時から、約1時間弱の読経と加持祈祷で、法味を捧げました。

 

今日のお勤めを大福大明神縁日復活の第一歩として、来年以降も続けていけたらと思います。ゆくゆくは檀信徒の方にもお参りいただける行事になるよう、精進します!!

 

東播地区『信行の集い』

28日、お昼からは三木市本要寺さんで、東播地区の信行の集いが開催されました。

うちのお寺からも7名の参加をいただきました!

 

東播地区10ヶ寺の日蓮宗寺院の信行会。僧侶と檀信徒の皆さんで一緒に作りあげるのが特色なんですが、今回は2年前の前回にも増して内容盛りだくさんでした。

開会式の直後に、日蓮聖人の子供劇!

これは、同地区のお寺や檀家さんの子供さん・お孫さんから演者を募り、一から作り上げた渾身の作品!発案は加東・浄光寺の小谷英進上人、台本・演出は東条・久遠成寺の小原蒼渓上人。3年後の日蓮聖人降誕800年に因んで上演されました。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180429223358j:imagef:id:nori-snow_cyclist3190:20180429223439j:image

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180429233352j:image

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180429233430j:image

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180429233519j:image

何度も子供たちに集まってもらい練習した甲斐あって、素晴らしい演劇となりました(^^)終演後の拍手喝采は、演者スタッフの努力の賜物でした!!

 

続きましては、法話の時間。

こちらも同地区、明石・本立寺の佐藤 光昶上人による『日蓮聖人のご生涯』。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180429234633j:imagef:id:nori-snow_cyclist3190:20180429234702j:image

史実に沿って、なぜこのような行動をとられたかを、分かりやすくお話しいただきました。(資料もご自身で作成されて、参加者へ配布されるほど熱意の講義、本当に勉強になりました!!)

 

さぁ、まだまだあります。

休憩を挟んで、本要寺婦人会の皆さんの和讃披露です。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180429235257j:imagef:id:nori-snow_cyclist3190:20180429235313j:image

団扇太鼓を使っての和讃。ここらでは姫路の方で盛んに行われているぐらいで、あまり馴染みの無いものでしたので、参加の皆さんも興味深く観ておられたのが、印象的でしたね♫

 

そして、その後は参加の皆さん全員で、お勤めを致しました。お導師は明石・本松寺住職兼兵庫県東部宗務所長の釋孝修所長です。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180429235925j:imagef:id:nori-snow_cyclist3190:20180429235947j:image

参加の皆さんと、大きな声でお経をお唱えできて、本当に清々しい気持ちになれましたね(^^)

 

最後は、閉会式です。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180430000107j:image

ここでは、次回開催の阪神地区への引き継ぎがありました。写真左は、我らが立正寺筆頭総代の魚井さんの登場!東播地区の檀信徒協議会の副会長も務めてくださってます。引き継ぎの大役、お疲れ様でした!!

 

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180430000328j:image

そして、最後は参加者全員で記念撮影です。

 

これらたくさんのプログラムも無事に済み、信行会は大成功に終わりました!

本当に本当に実りある会となりました。

 

会に携わっていただきました皆様、本当にありがとうございました(o^^o)

 

 

 

 

 

お焚き上げ

お経参りの合間を縫って、お焚き上げをしました。

星祭りのお札、彼岸の施餓鬼塔婆が溜まってました。。うちのお寺は境内が狭いので、一回やってしまうと草花に影響がありまして(1番なのは枝垂れ桜…)、それらが無事に咲き終わるまで待っていました(^◇^;)

せなあかん、と思ってもなかなかまとまった時間がなかったので、お札や塔婆にはホントに申し訳なくて。。

でも、今日なんとか少しでもできたので、ちょっぴり溜飲が下がりました。。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180426123956j:image

今日は雨上がりで風もあるので、やってしまえ!とばかりにお焚き上げ敢行!!

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180426124010j:image

いつものことですが、火元に近づき過ぎて、顔を軽くヤケド…

濡れタオルが必需品です(^◇^;)

 

 

おかえりなさいPART2(^^)

本日は、以前にもご紹介した二見町岡の上地区の妙見護持会の開眼法要を行いました。

毎年勤労感謝の日に報恩法要をしているのですが、昨年の法要で妙見大菩薩様の左腕がとれてしまっているのがわかり、年末閉眼法要をして修復に出していました。

うちのお寺の開基堂の七面大明神様の修復と重なりましたので、例によって千葉県野田市の仏師・松本定祥さんにお願いしておりました。

快晴の下、午前9時から約40分の法要が営まれました。

岡の上の講中の皆さんも、妙見さんのおかえりを心待ちにされておられました!!

みなさん揃って『立派になって帰ってこられた!』と喜んでおられました(^^)

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180422155724j:imagef:id:nori-snow_cyclist3190:20180422155733j:image

法要前に、お社に遷座された妙見大菩薩様。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180422155814j:image

午前9時、法要開始。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180422155836j:image

天気も良くて、最高の開眼日和となりました(^^)

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180422155931j:image

住職が加持祈祷で入魂した後、参拝の講中の方が1人ずつお参りしてくださいました。

f:id:nori-snow_cyclist3190:20180422160034j:image

法要後、あまりの嬉しさに住職も饒舌になって修復の話をしてしまいました!

 

今日の喜びは、本当に何物にも変えがたいものがございます。岡の上妙見護持会の益々の隆昌をご祈念しております!!